旦那が無職で貧乏すぎて、外食とかほとんどしてない

日記

こんにちは、かぜうさです。

国際結婚して無職&24歳年上のフランス人夫を9年間養ってます。

 

先日、職場の上司や同僚と雑談してたときのこと。

最近コロナも落ち着いてきたけど、外食とか行ってる?って話題になりました。

 

対策徹底してるお店を選んで行ってます、っていう人や

独身で食事は基本外食だから、全然気にせず行ってます、っていう人など様々でした。

 

で、私はというと?

へぇ〜!うんうん!そうですよね〜とか適当に相槌をうってごまかし、さり気なく次の話題に移るまで自分の存在を消してました(笑)

 

だって、コロナとか関係なく、

 

外食ほとんどしてないから(( ༎ຶ‿༎ຶ ))

 

正直に言うと、マックかモスバーガーに数ヶ月に一度行くぐらいです。

たまには行きたいな〜と思うことはあるんですけど、

やっぱり・・・

ほら・・・

アレだから・・・

 

要するに、外食する余裕が・・・ね(笑)!

 

夫と結婚したての頃は、時々ファミレスなどに行くこともあったのですが、だんだん行かなくなってしまいましたね。

夫婦そろってケチすぎて&夫が特に「ファミレス行くぐらいなら家で作ったほうが美味しい!」ってなってきてしまって。私はファミレスも好きなんだけどな〜

 

しかも、特別な記念日や誕生日も、外食に全然行かないですね。

私は、記念日ぐらい・・・と思うこともあって、さらりと夫に「レストランとか行かない?」と聞いてみても、

夫がね〜全然乗り気じゃなくて😭

結婚記念日に素敵なレストランでシャンパンでお祝い・・・とか私の人生にはこの先もなさそうだわ。

 

などと拗ねていたら、こんな言葉に出会いました。

 

野菜の料理とそこに愛があれば、肥えた牛を食べて憎しみ合うよりもいい

 

聖書の言葉なんだそうです。

私はクリスチャンではありませんが、なんか慰められました。

レストランとかシャンパンとかは重要ではなく、

 

たとえ野菜のスープ(フランス風に言ったらペイザンヌスープ?)とパンだけの素朴な食事でも

大切な人と、愛情ある時間を分かち合うことが大事

 

ってことですね。

 

明日はにんじんのポタージュでも作ろうかな。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。 クリックしてくださると嬉しいです(^^♪ ↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました