普通の男は世の中に1.3%

メンタル

こんにちは、かぜうさです。

国際結婚して無職&24歳年上のフランス人夫を9年間養ってます。

 

 

私と似た境遇の方(パートナーが無職または低収入の方)は、たぶん、

 

彼が”普通に”働いてくれたらな・・・

 

と最低1度は思ったことがあると思います。

先日、夫が一生無職でもいいと書きましたが、そう思ったこと、私ももちろんありますよ〜(^_^;)

 

ところで、普通に働いてくれたら、の”普通”って、具体的にはどんな?

ともし聞かれたら、あなたは答えられますか?

私は・・・

 

???

 

となってしまいました。

 

なんとか絞り出したのは、

 

私と同程度かちょっと上ぐらいの年収?

もちろん正社員で・・・

ちょっと筋肉はあるぐらいの健康的な体型

あと中の上ぐらいのイケメン(笑)

・・・あれ、けっこう条件多い(笑)?

 

っていうか、世の中にたくさんいる普通(に正社員で働いてる)男性のことですよ!奥さん!!

って思ったのですが、世の女性たちの思う”普通”を、具体的に計算してくださった方がいました。

恋愛市場における「普通の男」がいる確率を計算してみた

この”普通”の男性がいる確率、なんと、

 

1.3%

 

なんだそうです。

・・・え?たったの1.3%?!

と私は思ってしまいました(^_^;)

 

もちろん、”普通”の定義をもうちょいゆるく変えれば割合は増えると思いますが、それでも60%超えは相当ゆるくしないと難しいのでは?という感じですね。

たった1.3%しかいないと思うと、”普通”の男性のように・・・って思いすぎなくてもいいか、って思ってしまった私です(笑)

そして、(国際結婚、夫が無職、24歳差などで)ずっとマイノリティー意識が強かったのですが、上記の定義の”普通”が1.3%なら、普通じゃない私は99.7%に属するってことになっちゃいます。

もちろん、マイノリティーであることに変わりはないけど、劣等感抱きすぎなくてもいっか、とポジティブ思考中毒の私は思ってしまったのでした。

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます。 クリックしてくださると嬉しいです(^^♪ ↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました