ハピネスブースターを用意しよう!

メンタル

こんにちは、かぜうさです。

国際結婚して無職&24歳年上のフランス人夫を9年間養ってます。

 

忙しかったり、落ち込むような出来事があったりすると、疲れ果てて、

 

もう、ダメ・・・(( ༎ຶ‿༎ຶ ))

 

ってなっちゃうとき、ありません?

私は「夫が無職でツライ」系はほぼ克服してきたんですけど、アラサーも終盤&もうすぐアラフォーデビュー間近になってくると、

 

疲れが取れない・・・(( ༎ຶ‿༎ຶ ))

 

って日が増えてきて、それが今一番ツライですね(笑)

こんなこと、33歳ぐらいまではなかったんですけどね〜

なんでアリナミンとかが売れるのか理解できるようになりました(^_^;)

 

でね、ちょっと前に読んだ本に、そういう心や体が疲れきる前に「ハピネスブースター」を取り入れてみましょう!って書いてあって、すごくいいなと思ったのでシェアしますね。

ハピネスブースターとは、気分を変えてくれるようなささやかな活動のことだそうです。

 

これまでの私の人生で、自分の幸福度にいちばん大きな影響を与えたのは決して大事件のようなものではありません。

気分を変えてくれるささやかな活動を日常に取り入れたことです。

私はそのような幸福度を上げる活動のことをハピネスブースター(幸福感増幅活動)と読んでいます。このハピネスブースターが、毎日情熱をもって活発に動くためのエネルギーをくれるのです。

(ハーバードの人生を変える授業Ⅱ/タル・ベン・シャハー)

 

なんか、読んだだけで前向きになれる(笑)!

本当にささやかなことでいいらしくて、例えば、

・好きな音楽を1曲聴く

・1分間目を閉じて大切な人のことを考える

・3回深呼吸する

とか、小さなことでいいんだそうです。

 

ということで、私かぜうさのハピネスブースターリストを作ってみました。

・トイレに行った時、ストレッチする(仕事中)

・仕事帰りに本屋さんへ寄って背表紙を眺める(立ち読みではなく、本屋さんの雰囲気を味わう)

・1分間空を見る(見上げるので、首もストレッチになる!)

・おやつに冷奴を食べる(おろし生姜をてんこもりにして)

・チョコレートを1粒だけ食べる

・心の栄養ノート(好きな言葉などを書き留めているノート)をめくる

・お灸をする

・皆さんからいただいたブログコメントを読み返す(本当に元気が出ます^^)

・猫の動画を観る

・録りためたドラマを2〜3話一気に観る

 

ちなみにうちの夫のハピネスブースターは、どうやらローリング・ストーンズの曲を聴くことみたいです。

おととい抜歯したんですけど、ストーンズを踊りながら聴いて元気になってました。って、抜歯後に踊ったらダメじゃん(笑)!案の定、その後痛み止めを飲んでウーウー行ってましたが(^_^;)

 

あなたのハピネスブースターは何ですか(^^)?

 

最後までお読みくださりありがとうございます。 クリックしてくださると嬉しいです(^^♪ ↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました