自分のルールで他人に優しくできる

日記

こんにちは、かぜうさです。

国際結婚して無職&24歳年上のフランス人夫を9年間養ってます。

 

私がまだ独身だった頃、沖縄へ1か月ほど一人旅をしていた時の話です。

石垣島から、日本最南端の有人島の波照間島へ行くため、フェリーに乗っていました。

1月の閑散期でしかも平日だったので超空いてて、お客さんもまばら。

ぼーっとしていると、前方の操縦席(扉は開けっ放し!)のおじさんが、無言で「こっちおいで」って感じで、分厚い手をひらひらさせて私を呼びました。

なんと、操縦席に入れてくれたんです。

船の操縦席なんて初めて見るので、うわ~!と興奮する私。

おじさんは「やってみ」と、船のハンドルの前に私を立たせてくれました。

(船は自動運転モードだったので、ご安心を・・・)

初めてあの、輪っかのようなハンドルに触って、すっごくわくわく!

おじさんは私が持ってたデジカメで、船を操るポーズをとる私の写真を撮ってくれました。

ひとり旅の、素敵な思い出です。

 

ふつう、こんなに気軽にお客さんを操縦席へ入れたりはしないですよね。

あぁ、沖縄だな~ってその時は思ったんですけど、こういう感覚、沖縄を、とくにローカルな場所や人に出会ったときによく感じました。

でもそれを言葉に出来ずにいたのですが、ちょっと前に読んだこの本に、答えが書いてありました。

 

沖縄の人は、自分のルールで他人に優しくできる

 

著者の岸さんは「自治の感覚」と呼んでいました。

ルールとか、暗黙の了解とか、世の中にはたくさんの決まりごとがあるけど、それよりも先に、自分のルールがあって、それに従って生きる。

いい意味のおおらかさ、いつでも持てる人間になりたいですね。

 

はじめての沖縄 (よりみちパン!セ) [ 岸 政彦 ]

価格:1,430円
(2020/6/23 05:56時点)
感想(0件)

最後までお読みくださりありがとうございます。 クリックしてくださると嬉しいです(^^♪ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました