お金の不安をエネルギーに変える

お金

こんにちは、かぜうさです。

国際結婚して無職&24歳年上のフランス人夫を9年間養ってます。

 

結婚してからずっと、夫は無職なので私が大黒柱として家計を支えています。支えるって、夫婦2人なのにオーバーかもしれませんが・・・

現在はありがたいことに正社員として働いていますが、結婚後3年ぐらいは派遣社員だったので、長くて半年契約でした。

正直、先の不安が今よりも大きかったです。

そして以前も書きましたが、結婚当初、私の貯金残高は10万円台・・・

今思えば、自分でも呆れるほど無謀な、結婚生活の船出でした(;’∀’)

夫も、よくもまあこんなすぐに沈みそうな船に乗ってくれたものです(笑)私だったら絶対ムリ!

 

そんな状態だったので、お金の不安は常に付きまとっていました。

誰かから夫が無職なのをいじられたり、自分より幸せそうな人達と比べて惨めな気持ちになったりと、精神的に凹んだとき、つい夫に当たってしまうことも多かったです。

でも少しずつ、そんな失敗から自分なりに反省して学んだり、本などを読んで内省したりと、回り道をたくさんしながらも、自分なりに模索しながらやってきました。

 

改めて振り返ってみて思うのは、不安は使い方によっては正のエネルギーにもなる、ということです。

不安だから、節約して少しでもお金を貯めよう

不安だから、本・雑誌・ネットでお金に関する情報を集めよう

不安だから、知恵を蓄積してお金を貯める力を付けよう

と、自分の中にあった不安を動機にして、行動するエネルギーに変換できたから、今の私があるのかなと思います。

 

私の場合、とにかく夫が無職&貯金も10万円台でお金がなかったので、節約するしかありませんでした。

だからまずは節約術について、図書館の節約本コーナーにある本や、主婦向けの節約雑誌などを片っ端から借りて読み漁りました。

また、ネットの節約ブログなども毎日チェックして、真似できそうなことは生活に取り入れて行きました。やりすぎな部分も多かったですが・・・

そのうち少しずつ、貯める・増やす知識を増やす努力もしました。

努力と言っても、私は昔も今も、お金について調べることが好きなので、努力しているという意識はなかったんですけどね(;^ω^)

むしろ、もっと知りたい!という気持ちの方が大きくて、趣味みたいな感じでした。

 

私は高卒で、しかも地元でおバカ高校と名高い?超低レベルの高校を卒業しただけの、教養も何もない無知な人間です。

なので、最初は経済とかまったく分からなかったし、新聞なんてテレビ欄以外は読んだこともありませんでした。

最初はやさしい文章で分かりやすく書かれた本から始めて、貯め方、投資などの増やし方、経済の仕組みについてコツコツ勉強しました。

そのうちに、貧乏人のくせに日経新聞を購読し始めて、最初は本当にちんぷんかんぷんだったけど、毎日新聞をめくるうち、少しずつ読める記事が増えました。

素人の独学なので、教養のある人に比べたら蚤のようなレベルです。

それでも、私の稼ぎだけで9年間耐えられるだけの知識は培えたと思います。

そしてそれは、お金への不安があったからこそ、と今では思うのです。

 

もしもっと恵まれた環境にいたら(例えば夫が稼いで、私は専業主婦など)、生来怠け者な私は、こんなに本や新聞を読んで勉強することはなかったと思います。

私は10代の頃から、目標のために努力する、耐えるということが苦手でした。

スポーツも辛いから嫌いで、部活も運動部は絶対パス。

ラクそうだからという理由で文系の部活を選びました。

勉強も、自分はバカだからと努力しない理由をつけて、テストはいつも一夜漬け、高校受験も頑張らなくても入れるレベルの高校を志望校に選ぶような子供でした。

社会人になってからもずっとそんな具合だったのですが、運悪く?夫を養う羽目になり、強制的にお金に困る道を歩まなくてはいけなくなりました。(本当は強制的ではなく、私自身が選んだ結果なんですけどね)

でもそのおかげで、今の私があります。

お金の不安が、私を成長させてくれました。

 

このブログを読んで下さっているあなたが、もしお金の不安をお持ちだったら、どうか落ち込まずに、前向きになってほしいです。

こんな怠け者の私でも、変わることが出来ました。

あなたの中にも、きっと不安をエネルギーに変える力があるはずです。

わたしもまだまだ勉強中ですが、一緒に頑張りましょう!

 

最後までお読みくださりありがとうございます。 クリックしてくださると嬉しいです(^^♪ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました