夫が無職で将来が不安・・・を克服するたったひとつの方法

メンタル

こんにちは。かぜうさです。

国際結婚して無職&24歳年上のフランス人夫を8年間養ってます。

 

夫が無職だと、他人の目も気になるけどそれよりもっと気になるものと言えば・・・

将来への不安ですよね。

私もね~、数年前まですごく不安で不安で。

だって私のお給料=手取り月20万円では、夫婦二人なら慎ましく暮らしていけるけど、普通に行ったらマイホームなんて夢のまた夢。

もし子どもができたら、絶対に極貧生活に陥るレベルです。

さらに定年まで働いても年金が当てにならない世代なので(涙)せめて老後資金をコツコツ貯めようと思ったら、365日超節約生活+トリプルワークぐらいしないと絶対たどり着けないレベルです。

 

考えるだけでぞっとするような暗い将来しか見えない・・・私の人生、暗黒だわ・・・

って思ってたんですけど、最近この不安を克服するたったひとつの方法を見つけました。

それは、将来の心配をする(or しすぎる)のをやめることです。

 

・・・あーあ、貧乏過ぎて、ついにかぜうささんは頭がいかれてしまったのか?

いえいえ、これは真面目な話です。

なぜかというと、心配は底なし沼と一緒だからです。

心配した分だけ不安が消えてくれればいいんですけど、「これだけ心配したんだから大丈夫!」と思える日は絶対に来ないんですよ。

私はそれに気づいたとき、あれ?なんか心配しすぎるのって無駄・・・?

って思っちゃったんですよね。

 

そんなこと言ったって、将来の心配をせずにはいられないでしょ!というあなたは相当心配グセが付いていると思います。

なので、心配グセを直していく必要があります。

 

心配グセを直すコツ

1.何か物事に没頭して、心配する時間を減らす

心配グセは、生活の中から心配している時間を減らしていくのが効果的です。

ただ、心配しない!と決意しても、かえって意識してしまい逆効果です。

例えば、なかなか寝付けないとき「あ~寝なきゃ寝なきゃ・・・」と思って全然眠れないとかね。

そこでおすすめなのが、何か物事に没頭することです。

没頭している間は心配のタネについて考える暇がないから、ひとときの間は心配とおさらばできます。

没頭する内容は何でもあなたの好きなことでOKです。

私の場合は読書、ハンドメイド、掃除などですね。

一気に心配グセは治らないけど、何かに没頭する時間を重ねるほど心配する頻度が減ってきます。

あと、好きなことに没頭していると楽しい!ので、生活の質も上がります。

 

2.今にフォーカスして生きる

将来の心配をする=今を犠牲にしているのと同じことです。

それって、もったいなくないですか?

20代・30代のうちから、将来年金もらえないかも・・・とか、夫が無職だから老後が不安・・・とか心配ばかりしてくよくよと暗い気持ちで生きるなんて、せっかく持っている若さを無駄に垂れ流すのと一緒です。

もしかしたら未来では、医療技術が進歩して若返りの薬ができるかもしれないけど、私たちが生きている間は、もしそんな薬ができたとしても高価すぎてその恩恵は富裕層しか享受できません。

ってことは、庶民の私たちにとって、今この時はとっても貴重な資産なんです。

だから、今にフォーカスして生きた方がずっと得です。

 

今にフォーカスって、具体的に何をすればいいのか?というと、小さなことから1個ずつ、やりたいことを実行することです。

例えば、

行ってみたかった場所(カフェ、お店など、ちょっとした場所でもちろんOK)に行く

今まで食べたことがなかったものに挑戦する(私は先日飲み会でピータンに挑戦しました)

何となく躊躇していたファッションに挑戦してみる(私はパーマに挑戦してみました)などなど。

本当に些細なことからでOKです。

ハードルを低くするために、なるべくお金がかからないこと(かかってもお小遣い範囲)から始めれば、心とお財布の負担も少なくていいかと思います。

お小遣い範囲なら、夫にも気を遣わないで済むし(笑)

 

とにかく大事なのは、実行することです。

意外とたくさんある「やりたかったこと」を先送りせず実行することで、今この時が少しずつ充実していくのが実感できると思います。

今が充実してくると、将来への不安も軽くなってきますよ!

ここまで読んでも半信半疑のあなた、ぜひ今日、やってみたかった何かをひとつ実行してみてはいかが?

今日が充実した一日になること請け合いです(^^♪

 

最後までお読みくださりありがとうございます。 クリックしてくださると嬉しいです(^^♪ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました