私は最低の妻でした。

メンタル

こんにちは、かぜうさです。

国際結婚して無職&24歳年上のフランス人夫を9年間養ってます。

 

 

かぜうさのブログを読んでると、

 

外国人の夫が無職でも前向きに考えていて、メンタル強いな〜

無職の旦那を責めずに尊重していてすごい

どうやって悟りの境地にたどり着いたの(笑)?!

 

と思ってくださる方もいらっしゃるかもですね。

 

そうなんです!

私は夫が無職という逆境を乗り越えて、強い女になりました!!

 

 

 

 

・・・と言いたいところですが、

残念ながら全然そんな強い女ではありません。

 

なんせ、昔の私は最低の妻でしたから。

 

私も夫と結婚して3年目ぐらいまでは、お金のこと、夫が無職のこと、将来不安のことでしょっちゅう喧嘩していました。

喧嘩しても、小娘(若妻?)だった私は24歳も年上の夫を論破することも出来ず、行き詰まるとすぐ、

「もう離婚する!」

「あなたが結婚する時に○○と言ったんでしょ!」

と夫を言葉の暴力で責め立てていました。

で、後に引けなくなって、しまいには別室に閉じこもって、数日間徹底的に夫を無視したり。

本当にめんどくさい女でした(笑)

 

でも菩薩のような(笑)夫は、喧嘩の度に私がこんなひどい態度をとっても、全然私を否定しなかったんですよね。

 

あと、夫は自分をしっかり持ってたのか、はたまた超マイペース人間のせいか、私が別室に閉じこもって壁越しに負のオーラを送り続けてたのに、

 

youtube見たりプレステしたりしてました(笑)

切り替え早すぎ!

 

私がこんなに辛くて悲しいのにウイイレやってるよ・・・と、そんな夫が本当に腹立たしかったです(笑)

 

今思うと、私は夫をコントロールしたかったんだと思います。

「僕が悪かったよ。かぜうさの気持ち分かってなくてごめんね。」

「かぜうさ一人に働かせてごめんね」

って夫に言ってほしくて、夫の注意を引こうとしてああいう態度を取ってたのだと思います。

子どもの心理と一緒ですね。

そして、弱い自分を表に出したくなくて、認めたくなくて、ああいう態度を取って自分を守ろうとしてたのかなとも思います。

結局、夫は私にコントロールされずに自分を貫いていたので、おかげで私は自分自身に注意が向いて、弱い自分や自分の黒い部分と向き合い、自己改革していくようになり、今の心境に至ったという感じです。

 

なので、私は全然強くもないし、昔は人間としてダメな面がいっぱいありました。

今もダメな部分いっぱいだけど、ひとつずつ向き合って克服しようともがいてます。

もし、がっかりさせちゃったならごめんなさい。

でも、弱い部分や黒い部分があるからこそ人間なんだと今は思えます。

死ぬまでには、あらかたマシになれるよう、明日も明後日も、コツコツ自分と向き合います(^^)

 

最後までお読みくださりありがとうございます。 クリックしてくださると嬉しいです(^^♪ ↓




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました