8年経っても、落ち込むときはある。

メンタル

こんにちは、かぜうさです。

国際結婚して無職&24歳年上のフランス人を8年間養ってます。

 

いつも「夫が無職で辛くても頑張れ!」的なことばっかり書いてますが、私も未だに落ち込むときが時々あります。

ちなみに、これを書いてる今日もちょっと落ち込みモード中だったりします(爆)

 

普段何でもないときは、夫が無職でも辛くない!幸せ!って思ってるのに、ここ数日は素直にそう思えない・・・(/ω\)

本当に些細なことや ちょっとしたことでなんかイライラしてしまって。

例えば夜、夕飯後の後片付け、次の日の夕飯の仕込み、洗濯、お風呂、次の日の出勤準備(洋服とか持ってく物の準備)とかを休む間もなくしてると、あっという間に11時ぐらいになってしまい、疲労感をどっと感じる。

私は7時間寝ないと寝不足で次の日頭痛がしてしまうので、すぐに寝なきゃ・・・って急いで布団に潜り込むから自分の時間と呼べるものが全然ないままあっという間に一日が終わる。

 

そんな時に、夫がゲームとかネットとか見てる姿を見ると、

「なんか私だけが働いて疲れてるし・・・」

って、どす黒い気持ちが沸いてきちゃうんですよね。

でも、ケンカするのにもエネルギー要るし、そもそもケンカしたくないからぐっとこらえてるけど、数日ぐらいずっとモヤモヤ・・・ってのが今週の私でした。

 いつもなら積もり積もってドカーンだけど、せっかくこのブログを立ち上げたし、良いことばっかり書いてるくせに実際はケンカするようじゃいかん!と、なぜかブログが抑止力になって、爆発せずに済みました。

新ブログ立ち上げて本当によかった(笑)!

 

なので、普段は偉そうに「夫が無職でも幸せに生きるコツ」みたいなことを書いてるけど、私も365日100%完璧な「夫を養う妻」でいられる訳じゃありません。

 

たぶん、今月入ってからなぜか仕事が地味に忙しかったし、実家に週1で行かなきゃいけなかったし(普段は月1しか行かない)その他色々とイレギュラーなこともあったりして疲れてたんだな、と今日気づきました。

世の中には仕事が激務+ワーキングマザー+親の介護とかもっと大変な方々もいるし、それに比べたら毎日定時で帰れるし子供もいないし親の介護もそこまでじゃないから、私なんて全然大変じゃないのは分かってるけど。

 

でも、疲れの限界点は人それぞれだし、他の人と比べても意味ないから、あー私は疲れてたんだな、と自分を肯定することにします。

だから、毎日やってるトイレ掃除もサボります。

 

毎日私なりに頑張ってるんだから、そんな日があってもいいよね。

トイレの神様、ごめんね!

元気になったら、また毎日掃除します!!

 

最後までお読みくださりありがとうございます。 クリックしてくださると嬉しいです(^^♪ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました