夫が無職でイライラしても、絶対にやってはいけないこと

メンタル

こんにちは。かぜうさです。

国際結婚して無職&24歳年上のフランス人夫を8年間養ってます。

 

先日の記事で、夫が無職のまま1年経ってしまった・・・という場合にどうするべきか?

ということを書きましたが、今日はその逆、絶対にやってはいけないと思うことを書きたいと思います。

 

夫が無職でイライラしても、絶対にやってはいけないこと

1.夫を追いつめる

晴れて外国人の彼と結婚&日本に来日したのはいいものの、無職のまま気が付けばあっという間に1年。

半年ぐらいはのんびりお家で過ごしていても別にそこまで気にしてなかったけど、さすがに無職のまま1年経過となると、心がざわざわしますよね。

本人が職探しを頑張ってたり、焦ってるようなそぶりがあればまだしも、なんかのんびりしてて、家でゴロゴロ&就活も全然してない・・・となると、今までこっちも遠慮してあまり言わなかったけど、そろそろ限界・・・”(-“”-)”

ちょっとしたことが引き金になって、ついつい夫に

「いったいいつになったら働くの?!」

「私一人に働かせる気?!」

「このまま無職のままでいるつもり?」

「将来のことだってあるのに!」などなど・・・

今まで我慢してきた分だけ爆発しちゃうこともあると思います。

でもこれ、絶対にやってはいけないことです。

なぜなら、彼のことをかなり深く傷つけてしまうから。

私も以前はそこまで思いが至らず、何度も夫を責めてしまいました(涙)

うちの夫はとても懐が深いというか図太いというか忘れっぽいというか楽観的というか、私からの猛攻撃にも耐えて(?)今でも私と一緒にいてくれています。

・・・が、今思うと、夫には本当にひどいことをしてしまったな・・・と思います。

なので最近は反省(?)して「無職なのを責めちゃダメ!」と自分に言い聞かせてます。

 

正直、結婚前に楽観的過ぎたことは否定できないけど、何も好き好んで無職でいる訳ではないと思うんです。

最初は彼だって、何とか仕事を見つけて、共働きしていこうと思っていたはずです。

でも、思ったより難しくて、無職のままあっという間に時間が経ってしまった。

あなたが責め立てなくても、彼自身が一番分かっていると思います。

さらに慣れない異国での生活、文化の違い、言葉の壁に加え、新婚生活だって、赤の他人同士が共同生活を送るんだから、色々と戸惑うこともあるんじゃないでしょうか?

とにかく、今の彼はたくさんの不安要素に囲まれて、ストレスだらけなんです。

そんな状態なのに、本来は味方であるはずのあなたにまで責められてしまったら、彼は本当にひとり、逃げ場を失ってしまいます。

そうして傷ついた彼は、行動しよう!という気持ちを失ってしまいます。

あなたは彼に働いてほしいと思って気持ちをぶつけたのに、かえって逆効果な訳です。

さらに結婚生活もギスギスしてしまうし、お互い余計に辛くなってしまいます。

だから、彼を追いつめるのは絶対にやってはいけないんです。

 

2.家族や友人から彼に言ってもらう

これだけは本当に、絶対にやってはいけないことです!

彼にとって、あなたの家族や友人はAwayの存在です。

All Awayの場所へ引っぱり出して責め立てられたらどうなるでしょう?

彼は逃げ場もなく、本当に深く傷ついてしまいます。

 

そんなこと言ったって、私だって一人で悩んでて辛いし、私が言っても彼は変わってくれないし・・・

というのも分かるけど、家族や友人が彼に言ったところで、彼は考えを改めて、職探しをするように変わるでしょうか?

 

私は、人は誰かに言われたからって、簡単に考えや行動を改めるとは思えません。

 

例えば自分の行動に対して誰かが、「あんた間違ってるよ、こうしなきゃダメでしょ」と言ってきたら。

「そうか、わたし間違ってたんだ。改めよう。」って、素直に思えるでしょうか?

そういう超素直な方はとても素晴らしいと思うけど、私だったら絶対無理。

「はぁ~?!あんたに言われる筋合いないし!」って思っちゃいます。

結局は、自分自身で考えて、変わろう!と自ら思わない限り、絶対に変われません。

だから、あなたが言ってもダメだったから、家族や友人に言ってもらう、ってのはあんまり意味ないんです。

むしろ彼が傷付くし、家族や友人に援軍をたのんだあなたに失望するだけです。

だから私は、これだけは絶対におすすめできません。

 

 夫が無職のまま1年経過って、精神的にも辛いですが、夫を追いつめる行動・言動は逆効果になる、 ということだけは私自身、身をもって失敗したので、お伝えしたいと思います。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。 クリックしてくださると嬉しいです(^^♪ ↓


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました