外国人の夫が無職だと辛いことベスト3

未分類

最近「旦那が無職」ネタが少ない(笑)ので、今日は頑張って?書いちゃいます。

題して・・・

旦那が無職だと辛いことベスト3

 

第3位

収入のパイプが1本しかないので「もし自分が倒れたら・・・」という不安に押しつぶされそうになる

若い時は「私が稼いでやるわよ!!」と意気がっていられたのですが(笑)、特に35歳を超えてから、昔と違って、ちょっと無理したりストレスが溜まると、体に変化が出るようになって、そんなときにふと、

 

もし私が病気になってしまったら・・・

 

と思うと、見えない何かに押しつぶされそうな気持ちになることもあります。

私はバリキャリ管理職を目指すような責任ある仕事ではなく、誰でも代わりが利くようなただの事務員なのでお気楽な仕事なのですが(もちろん、周囲に迷惑かけないよう最低限は真面目に働いてますが)、アラフォーにもなると、だんだん夜ふかしできなくなってきたし、生きていればストレスを感じることもたまにはあるので、そういうのが重なると、体の不調が出るようなお年頃になってきまして(^_^;)

幸運にも、生まれてから今までは大病を患うこともなく健康に過ごしてこれたので、30代前半までは、自分は病気とは無縁できっと長生き・・・というか、まるで永遠に生きられるかのように感じていたのですが、最近は心身の疲れが体調にも出るようになってきました。

そんなときは、もし私が病気になってしまったら・・・という不安が頭を過ることも。

でも、3秒後には「考えても仕方ない!なったらその時考えるしかないわ!」と開き直ってるんですけどね。てか、不安に飲み込まれたら本当に病気になってしまいそうなので(^_^;)

体と心は繋がってる、というのを、身を持って感じるこの頃です。

 

第2位

共働き世帯を見ると自分が惨めに思える。特にそれが国際結婚カップルだとなおさら

これは完全にひがみですね(笑)

私も人間なので、ひがんだり羨ましく思うことは、未だにどうしてもあります。やっぱり、自分よりも恵まれている(ように見える)人と比べてしまうのは、人間の本能だと思うんですよね。

一年の締めくくりなのにモヤモヤした出来事・・・からの教訓

8年経っても、落ち込むときはある。

だからって「夫が働いてくれれば・・・」という期待をするのはとうの昔にやめたので、夫に対して不満などは一切ないのですが。

どちらかと言うと「だったら私が稼いでやるわよ!!」の方にエネルギーが向くって感じですね。ただの負けず嫌いですね。

まあ、実際には稼ぐ力は上がってないので、節約の方にエネルギー注ぎ続けてますが(笑)

 

そして第1位は・・・

人から夫の職業について聞かれること

ダントツこれです(笑)!

やっぱりね・・・って思った方、新鮮味がなくてごめんあそばせ。

最近は人付き合いがほぼない&新規の付き合いもないのですが(悲しいアラフォー女です・・・)、それでも初対面の人や、やたら詮索好きの人には時々聞かれることがあります。

嫌ですよね〜聞かれるの。

だって、世の中は未だに「仕事をして収入を得ていない=無職」の人、とくに無職の男性には本当に厳しい。

働かないって、相当の理由がないと認められないんですよね。何らかの病気や障害があって働けないとか、働かなくてもいいぐらい資産を持ってるとか、奥さんが超エリートとか、家事がめちゃくちゃできるとか、とにかく”世間基準の真っ当な理由”がないとダメ。

うちの夫みたいに、日本語話せないとか日本の企業文化に不適合とか、そういうのは理由にならないんですよね。たとえ妻の私が認めていても。

私も昔は若かったので、その手の質問に「どうやってかわそうか?」とか「ウケを狙おうか?」とか考えて辛さを紛らわそうとしてたんですけど、最近はもう適当にホラでも吹いとけばでいいかな(笑)って感じになってきました。一見さんならなおさら。

それでも最近は、自由な生き方をする人が増えてきたから、うちみたいな夫婦も全然目立たなくなってくるのかもしれないな〜と期待してますが(^_^;)

 

・・・と、辛いことベスト3を上げてみましたが、それでも夫は私にとって本当にかけがえのない存在なので、無職でも周囲から何と言われようと思われようと、勝手に言っててちょうだい!思っててちょうだい!って感じで、ときには辛いこともあるけど、その何十倍もの人生の喜びを与えてくれる夫に愛と感謝しかないです。

どーせ貧乏負け組女の強がりでしょ?って思いたきゃ思って下さい。

私はつまるところ、夫にゾッコンなのです。

私は夫にベタ惚れです・・・&昔のこと。

だから今日も明日も「私が稼いで節約してやるわよ!」ということで、夫とふたりで楽しく暮らすべく、大黒柱としてこれからも頑張るぜ!!

 

この記事、おかげさまでいつもの記事より人気です。ありがとうございます(;_;)

↓このブログの順位を確認する ↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました