金よりも銀よりも美しい雫

日記

こんにちは、かぜうさです。

国際結婚して無職&24歳年上のフランス人夫を9年間養ってます。

 

この前、こんなことを書いたのですが

結婚指輪はアクセサリーじゃないから!

昨日新聞をめくっていたら、星野富弘さんのインタビューコラムが目に留まりました。

その中に、大変有名なこの詩の一節が紹介されていました。

 

「結婚指輪(がくあじさい)」

結婚指輪はいらないといった
朝 顔を洗うとき
私の顔をきずつけないように
体を持ち上げるとき
私が痛くないように
結婚指輪はいらないといった

今 レースのカーテンをつきぬけてくる
朝陽の中で
私の許に来たあなたが
洗面器から冷たい水をすくっている
その十本の指先から
金よりも 銀よりも
美しい雫が落ちている

 

この詩を読んだのは初めてではないはずなのに、美しい雫のくだりにはっとしました。

本当に大切なのは、指輪ではなかったですね。

 

私の指先には、こんな雫がついているだろうか

そしてまた、夫の指先から落ちる雫を、ちゃんと見つけられているかな

 

忘れそうになったときは、この詩を読み返そうと思いました。

皆さまも、どうぞ良い日曜日をお過ごしくださいね(^^)

 

最後までお読みくださりありがとうございます。 クリックしてくださると嬉しいです(^^♪ ↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました