辛さと幸せを天秤にかける

メンタル

こんにちは、かぜうさです。

国際結婚して無職&24歳年上のフランス人夫を9年間養ってます。

 

先日、いつもブログを読んでくださっている読者さまから、とても素敵なコメントを頂きました。

とても素晴らしい内容だったので、今日はブログでご紹介させていただきたいと思います。

※ご本人にご了承頂いています

 

二人の関係を考えざるを得ない事があると、辛さや悲しみと、一緒にいることによって得られる私の嬉しさや幸せを天秤にかけます。
もう別れるんだと思い天秤にかけると、辛さや悲しみは、なんと10%ぐらいということが判明し。。。嬉しさや幸せは90%だと心から意識し、冷静に考えると、仕事お金以外の悩みはないということもわかり。
もし彼がいなかったら他のパートナーで彼から得るこの嬉しさや幸せが埋められるのかと考えたら、やはり掛けがえのない相手であり夫であることを気づきました。
一緒に人生を生きていきたい、手放したら二度と出会えない貴重な相手だということを
知り、私の気持ちを抑え、相手を尊重することにしました。

 

このコメントをお読みしたとき、本当に心がすーっと軽くなるのを感じました。

私はいつもブログに「前向きに!ポジティブに!良いところに目を向けよう!」と書いているけど、24時間365日、いつもそう思えるわけではありません。人間なのでね(^_^;)

最近は少なくなったけど、夫が無職でずーっと私が養い続けていることにモヤモヤしちゃうことが私もたまにあります。

特に、疲れてるときとか、体調が優れないときとか、別のことでうまく行かなかったときなど…

完全に八つ当たりですね(笑)

でもこの読者さんと同じように、辛さと幸せを天秤にかけると、やっぱり幸せの方が多いんですよね。

だから9年間夫が無職でもやってこれた、という気がします。

そして人生34年(もうすぐ35年…)も生きてると、世の中100%、完璧、ということはほとんどない、ということを少しは分かってきた、というのもありますね。

 

ちょっと脱線しちゃうけど、私の大好きなちきりんさんがこんなツイートをしてました。


うんうんそうなのよ!と首を思いっきり縦に振っちゃいました。

損得で考えたら、うちの夫なんて絶対に損なんだけど(笑)、そうじゃないから、私たちは結婚や人生に幸せを見いだせるんだろうなと思います。

もちろん、パートナーが無職で金銭的・精神的に苦しいのが辛いなら、いくら愛していても、無理して結婚生活を続けるべきとは思いません。

ドラマや映画と違って、現実は「愛はお金よりも大事だけど、お金も大事」ですから。

ただ、この読者さんのように、冷静になって天秤にかけて考えてみると、自分にとって何が一番大切か?が見えてくると思うんですよね。

この読者さんのおかげで、そんなことを考えることができました。

大事なことを教えていただき、本当にありがとうございました(^o^)

 

最後までお読みくださりありがとうございます。 クリックしてくださると嬉しいです(^^♪ ↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました