将棋とチェスの違い

未分類

こんにちは、かぜうさです。国際結婚して24歳年上&無職のフランス人を8年間養ってます。

 

夫が昨日、テレビのチャンネルを回していたら、NHKのEテレで将棋の番組がやっていました。しばらく見入っていた夫がふと、

夫「全然わからん」

そりゃそうだよね、だって日本語全然分からないからアナウンサーとか解説の方が何と言っているか分からない&将棋の駒も漢字だから読めない&そもそもルールも分からないし。かく言う私も、将棋なんて小学校の時に友達とちょっとやったぐらいなので、駒の動きも忘れてしまいましたが(^_^;)

でもかろうじて、王将を取ったら勝ちというのは覚えていたので夫に、

かぜうさ「チェスと大体一緒だよ。だって王様を取れば勝ちだから」

と言ったら、

夫「どれがクイーン?」

と聞かれました。ん?クイーンに該当する駒は将棋にはないのでは?と思って、

かぜうさ「クイーンはないよ。だって奥方は戦に行かないじゃん?」

と夫に言ったんですけど、その後ふと、あ~、この感覚(そもそもゲームに女が登場しない=女が権力を持たない感覚)もある意味、なんかヨーロッパと日本の違いなのかも?と思い、

かぜうさ「クイーンがないのって、なんか日本っぽくない?文化の違いを感じる。」

と言ったら、

夫「確かに。フランスでは王が死んだらクイーンが政権を握ったりしてたしね。だからチェスもクイーンが一番強いんだな。てか、王はすぐ死んじゃうからw」

と夫も納得。あ~、だからキングは1回に1コマしか動けないのね。

まあ、表舞台(政治や経済など)ではまだまだ男社会の日本と言いつつ、多くの家庭では昔から奥方がすべてを掌握=夫を尻に敷いてるのかもしれませんが(^_^;)

 

8年一緒に暮らしてても、意外と未だに異文化コミュニケーション(笑)!

国際結婚って、やっぱ面白いよ(*’▽’)!

最後までお読みくださりありがとうございます。 クリックしてくださると嬉しいです(^^♪ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました